おかゆ屋どっとコム通信

Theおかゆマイスター

Theおかゆマイスター
母の「おかゆ」は思い出の味
私が初めて『おかゆ』を食べたのは、子どもの頃風邪をひいた時、お腹をこわした時に、母が作ってくれた『おかゆ』だったと思います。母は小さな布団で眠る私の枕もとで「おかゆなら食べられるだろう」と、優しく語りかけ、昔ながらの土鍋で温かい「おかゆ」を作ってくれました。
『おかゆ』は私にとって、忘れることの出来ないお袋の味であるとともに、幼少期の記憶に残る、心まで温かくなる想い出の味でもあります。(写真は幼い頃の弊社代表取締役と母)
中国で出会った「おかゆ」
子供から大人へと成長して行く中で、何時の間にか「おかゆ」を食べることも少なくなっていました。そんな時、たまたま25年ほど前に中国へ行く機会に恵まれました。当時の中国は、今のような近代的都市ではなく、私が幼い頃を過ごした田舎町の風景に良く似ていました。
中国での一夜を過ごし、朝を迎えた私は「せっかく中国まで来たのだから」と思い、ホテルでの朝食を取らずに、表通りへと出掛けてみることにしました。
中国の朝は、人と活気で満ち溢れ、そこに集う人たちが、屋台のような食堂で食べていたのが「朝粥」でした。今、ここに溢れている活気は、この「朝粥」のエネルギーかも知れないなぁ、と私は感じました。
この体験をきっかけに、その後、私は中国だけでなく、アジアの国々を訪問するたび、各国で同じような光景を目にしました。
現地の人に話を聞くと、「『朝粥』は身体にいいから、毎朝、当たり前のように食べているよ」とのこと。確かに「朝粥」を食べると「なるほど!身体にも優しく腹持ちもいい、エネルギーも出ます…」。
アジア各国で「朝粥」を食べる風習を目の当たりにし、「おかゆ」が優れた食べ物である事を知った私でしたが、日本へ帰れば相変わらず病気の時くらいしか「おかゆ」を食べませんでした。
「おかゆ」は病人食なのか?
冬のある日、風邪をひいた私は、「おかゆ」の事を思い出し、市販品の「おかゆ」を食べてみました。「ありゃ、こりゃマズイな。アジア各国で食べた味ではありません」。
病気の時に食べる「おかゆ」は、無理して食べるからか? それとも、栄養補給という観点から作られているためなのか? 味は二の次になっているような気がします。そんな中、まわりの人たちに「『おかゆ』はどんな時に食べますか? おいしいですか?」と尋ねてみたところ、ほとんどの人の回答は「病気の時に…。マズイ…」。というのが大多数でした。
同じアジアの国である日本に暮らす私たちの頭の中には、「おかゆ=病気の時に食べるもの(病人食)」「おかゆ=マズイ」というイメージが、いつの間にか出来上がっているのだなぁ、と感じました。
身体に美味しい「おかゆ」を作ってみよう!
そこで、アジア各国で食べたあの美味しい「おかゆ」。人々を活き活きとさせている「おかゆ」…。とにかく、食べたい「おかゆ」が無いのなら、自分たちで「おいしいおかゆ」を作ってみよう! と思い立ち、私たち(弊社)の開発スタッフに「とにかく、美味しい『おかゆ』を作ろう」と提案しましたが、「なんでおかゆなの?」と初めのうちはピンと来なかったようです。開発当初は味の収拾がつかなくなり、大混乱になりました。なんせ、米・塩・だし・水などさまざまな組み合わせをすると、まるで順列組合わせ…。何百種類にもなってしまったからです。
そこで、「おいしいおかゆ」というテーマに加え、「毎日食べても飽きない」「産地がきちんと示せる素材」「手軽でカンタン」を追加し、改めて「おかゆ開発プロジェクト」を再始動!しました。
日本中の「おかゆ」を食べ歩き、いろいろな味を体感し、「おかゆ」を作るための食材集めの旅が始まりました。
「横浜中華街の○○が美味しいよ」「あそこのお米は最高だよ」「塩ならやっぱり沖縄産」などなど、さまざまな情報を集め、日本全国を飛び回り、多くの方々から、アドバイスと励ましを頂きながら、1年以上の研究・開発期間を経て「最高のおかゆが完成!」。
今、世の中では食育が注目されています。食品に携わるものとしてとても大切なことだと思います。しかしながら、このような流れとは逆行し、誰もが忙しく生活しています。朝食を摂らない人も多く、それが原因で、怒りやすくキレやすい人が大人も子どもも増えています。
忙しい中でも、手軽にカンタンに食事がとれ、なおかつおいしく「ほっ」とできるような食品として、おかゆを日本の新しい食文化となる様、群馬の高崎から発信し続けます。
工場内6

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

こんにちは!店長の滝です。

身近にあるお米ですが、おかゆとして食べる機会はありますか。
シンプルな白がゆからデザートになるぜんざいがゆまで、おかゆの美味しさを広めていきたいと思います。

店長日記はこちら >>

お米について

お米は米定の厳選米を使用

人気ランキング

五穀がゆ/1食(300g)

¥290(税込)

「黒米」「高きび」「ひえ」「あわ」をバランス良くブレンド。大自然のビタミン、ミネラルがたっぷりです。

有機玄米がゆ/1食(250g)

¥240(税込)

完全無農薬無化学肥料による有機栽培に取り組んでいる浦部農園のお米を使用した有機玄米がゆ。

白がゆ/1食(300g)

¥290(税込)

お米本来の旨味を大切に、じっくり仕上げた、おかゆ料理のベースになる基本的な一品です。

ページトップへ