時間がなくても温めるだけレトルト

私は衣料品の販売スタッフをしていました。販売は毎日お店ではずっと立ったままの業務です。
そんな職場にはいつもお弁当を持っていくのですが、どうしてもおかずが好きな物ばかり入れてしまいます。
から揚げやハンバーグなど肉類のメニューが大好きで、毎回おかずは片寄ってします。
その上お弁当でもカロリーが高くなっていたんです。

毎年9月に健康診断を受けていたのですが、この検診に向けて少しダイエットしないといけませんでした。毎年恐れている体重検診とおなか周りの採寸が待ち構えています。

野菜や魚など栄養価を考えてお弁当を作るのは大変です。
お弁当のメニューを毎朝いろいろ考えて調理するのは時間もないし、正直面倒くさいです。
そこで利用しようと思ったのがレトルトのおかゆでした。

風邪をひいて体調が悪い時にお母さんが作ってくれたのが温かいおかゆです。消化がいいので食欲のない時も食べやすくて体も温まります。立ち仕事で一年中足先の冷えや肩こりの症状もあるので、このおかゆをダイエットに利用することにしました。

これを使えば、調理時間も温めるだけで簡単です。ランチだけの簡単置き換えレトルトおかゆダイエットをスタートしました。このダイエットに必要なのは、好きな味のレトルトおかゆと持ち運ぶための保温タイプのスープジャーだけです。

私は優しい味が大好きでレトレトの玉子がゆや梅がゆ、中華がゆをよく利用していました。
作り方は簡単です。

おかゆ屋のレトルトおかゆ商品一覧はこちら>

朝お鍋で温めたレトルトおかゆを保温容器に入れるだけで、私のお弁当は出来上がりです。
これをランチで毎日利用しました。

週5日いくつか種類を変えて持っていきました。
白がゆの時には焼きサケを少しトッピングしたり、おろししょうがを入れて味に変化をつけることもありました。
焼きのりを持って行ってちらしたり、さっぱりとしたおかゆが疲れた身体を温める効果もあり、一石二鳥です。

これをまず二週間ほど続けました。消化のいいおかゆのおがげで胃もたれや便秘が少しずつ改善されてきたんです。
胃薬を毎回飲んでいたくらい胃のずきずき感に襲われていたのが収まったのはうれしい効果です。
油っぽい食事が多かったので仕方がありません。

職場での冷たいお弁当に飽きていたので、温かいままおかゆが食べられる所もうれしいメリットでした。
一日一回だけのレトルトおかゆダイエットでスローペースですが、少しだけ体重にも変化が見られました。
三か月後には約3キロ減量していたのです。

無理のないペースで行ったのでこのくらいの結果ですが、昼と夜など2食に利用するともっと効果があったのかもしれません。
飽きっぽい私にはお昼の一回置き換えくらいがベストなダイエットだと思います。


この記事は、「おかゆ」お役立ち情報として当社の商品購入者とは無関係の第三者の方に募集し書いていただいた記事やアンケートになります。筆者による判断で独自に書いていただいておりますので、効果や情報の正確性などを保証する記事ではありません。また、本サイトを利用したことに関連して生じる損害について、一切責任を負いません。

5235423 おかゆ専門店のHPはこちら>>