野菜プラスで贅沢感おかゆダイエット

おかゆと聞くと、風邪をひいて食欲が落ちたり
胃腸の調子を整えるときに食べる、というイメージが多いです。

普段からおかゆを食べている、
という人は少ないのではないでしょうか。

実はおかゆはダイエットに向いている食べ物として注目されていて、
最近では『おかゆカフェ』も増えてきているとか。

実際におかゆダイエットを試してみた私が取り組んだ、
おいしく痩せる方法を紹介します!

【初めはシンプルなおかゆから始める!】

おかゆって味気なくて食べごたえもないから好きじゃない、
という人も多いでしょう。
私もその一人で、おかゆを食べたこと自体少なかったのです。

おかゆダイエットを始めるときに、
まずは基本的なおかゆを味わうことにしました。
私は手軽に炊いたご飯から作ることに。

たっぷりのお湯にお茶碗半分くらいの
ご飯を入れて20分ほど煮ると、
ボリュームたっぷりのおかゆが完成します。
塩を少しと、噛みごたえのあるお漬物を
少し用意したものが、最初のおかゆでした。

いつもならお茶碗半分のごはんでは満足できないのに、
おかゆにすることによって見た目のボリュームで満足感が高まります。
付け合せに噛みごたえのあるものを用意することで、
少量でも満腹感はたっぷりです。

【野菜をプラスしてリッチなテイストに!】

食べごたえのあるおかゆでも、毎日白がゆでは飽きてしまいます。
栄養面でも炭水化物が多すぎるとバランスも悪いです。

そこで、様々な野菜を一緒に煮たおかゆを作ることに。
いろいろ試しましたが、おすすめは次の4つです。

◆トマト
◆ホウレンソウ
◆カボチャ
◆ニンジン
色の濃い野菜を使うことでおかゆの色が変わり、
見た目にも楽しい1品となりました。

【トッピングもいろいろ!栄養バランスも◎!】

基本的な味付けは塩のみ。

だからこそトッピングに
何を持ってきてもおいしくいただけます。
トッピングのバリエーションを増やすことで味にも変化が出るため、
ダイエットをしていることを忘れてしまうこともしばしば。
私のお気に入りにのトッピングは粉チーズと海苔です。
白がゆには粉末だしを少し入れると
風味が増すのでおすすめです。

水菜やカイワレ大根などは、
少しでもカロリーオフをしたいという時に取り入れました。

【無理はしない、が鉄則!】

どんなダイエットもそうですが、
ダイエットは長く続けていくことが大切です。
私の場合、

味に変化をつけることで無理なく食べ続けることができた
ので、健康的に痩せることができました。

おかゆを食べるようになってから、
全体の食べる量も減ったことも成功のカギだったのかもしれません。


この記事は、「おかゆ」お役立ち情報として当社の商品購入者とは無関係の第三者の方に募集し書いていただいた記事やアンケートになります。筆者による判断で独自に書いていただいておりますので、効果や情報の正確性などを保証する記事ではありません。また、本サイトを利用したことに関連して生じる損害について、一切責任を負いません。

5235423 おかゆ専門店のHPはこちら>>