アンケート」カテゴリーアーカイブ

おかゆ置き換えダイエット方法!

わたしが挑戦した、
おかゆを使ったダイエットは今流行っている
『置き換えダイエット』です。

始めようと思ったきっかけは、
まず食生活の見直しをダイエットに
取り入れようと思ったことです。

炭水化物を減らしつつ、
きちんと三食食べるダイエット方法をしようと思い立ち、
いろいろな情報を調べていた時、
何か白米に変わる食材を探していましたが、

いろいろ試したのですが
なんとなく物足りないような気がして、
満腹感が得られず、炭水化物は減っても、
代わりに間食をしてしまうことが
増えてしまったことが始まりです。

まず、三食しっかり食事を
摂るようにしようと思っていたのですが、
朝はなぜか食欲がわかずで、困っていたのですが、

食欲がないときいつも食べていたのが
「おかゆ」だったことを思いつき、

もともとおかゆが好きだったこともあり、
白米が元なので夕食時にも満足感が
得られるかな、と思い
挑戦してみることにしました。

まず、朝食時のおかゆですが、実際始めてみると、
お白湯を飲んでいるときのように

体の中が温まり、
気分がすぐれないということが減りました。

何も食べていなかった時よりも、
お昼までの仕事のモチベーションが
下がることもなく、集中して仕事ができりように
なったことが一番始めて良かった点かと思います。

次に、夕食時の満足感についてですが、
炭水化物をまるまる抜いて
しまうのは逆に体が栄養をため込みやすく
してしまうそうで、

有効なダイエット方法ではないという
情報を知ったので、少し白米を食べていたのですが、
逆にそれが食欲を増してしまって
ついついお茶碗一杯分普通に食べてしまうなんてことが、
あったのですが、おかゆに変更してからは、

水分が多いせいかおかゆを
食べる量もお茶碗一杯で満足

するようになり、また白米を食べているという事実で、
これまでより白ご飯を我慢しなきゃ・・・と
思い込まなくても良くなったのが、いい点だったと思います。

一ヶ月続けているのですが、
大きな結果はまだ見られていませんが、
継続することが難しく感じないので、

今後もコツコツ続けながら、
運動も取り入れたりしながら
ダイエットに励みたいと思います。

今回取り組んだおかゆを使った
ダイエットをしてみて、一番難しいのが

自分のモチベーションを
いかに下げないで続けていけるか、

という精神面での継続力が最も大切だと思いました。

なかなかすぐに結果は出ませんし、
厳しい道のりではありますが、
一人一人自分にあったダイエット法を試し、
無理しすぎず健康的に減量に取り組んでいくことが
一番良いことなのではないかとわたしは思います。


この記事は、「おかゆ」お役立ち情報として当社の商品購入者とは無関係の第三者の方に募集し書いていただいた記事やアンケートになります。筆者による判断で独自に書いていただいておりますので、効果や情報の正確性などを保証する記事ではありません。また、本サイトを利用したことに関連して生じる損害について、一切責任を負いません。

5235423 おかゆ専門店のHPはこちら>>

しょうが粥の美味しい食べ方アンケート

おかゆの美味しい食べ方特集「しょうが粥 編」のアンケート結果です。


このアンケートはクラウドソーシングでアンケート募集し書いていただいた内容になります。
とても参考になりますので「しょうが粥」について興味がある方はご覧ください。


食材を少しプラスしてつくるヘルシーなしょうが粥

しょうが粥とお肉も食べたい時には、鶏肉と葱をエゴマ油でさっと炒めたものを混ぜて食べています。香りがよくて食がすすみますが、ヘルシーな鶏肉なのでカロリーを気にすることもありません。味が薄い時には、七味唐辛子をすこし振りかけて食べると美味しいです。
少ない材料で手軽につくれることが一番です。しょうがが体を温めてくれるので、冬の寒い時に食べると体が温まり風邪の予防にもなります。

2016/3/31   ニックネーム : ぺんこ


冷え性のあなたに試して欲しい!しょうが粥の食べ方

しょうが粥をレンジで1分。少しぬるめにあたためます。さらに生のしょうがのみじん切りやおろしチューブをトッピングすると酵素もとれます。味が足りないと感じる時は黒酢をすこーし垂らすと、アクセントにもなるし体を温める効果も倍増します。
飲み会続きで胃腸などの消化器が疲れていたり、身体が冷えている場合に特にオススメ。口にいれたとたんじわーっと優しい味が広がり、身体がすぐに温まります。優しい味で心も落ち着き、朝は元気がでるし、夜は寝つきがよくなりリズムをとりもどせます。

2016/3/31   ニックネーム : かなっちー


手軽なしょうが粥の食べ方

お粥というのは、そのまま食べるとあまり美味しいと感じないものです。しかし、簡単な工夫をするだけで美味しさが激増します。たとえば、卵を混ぜたしょうが粥にしてみる方法があります。お粥を作る際に卵を加えるだけで、しょうが・お粥の味が引き立つのです。
体調が悪いときにお粥を食べることが多いですが、しょうが粥にすることで体を温める効果が加わるところがオススメです。

2016/3/31   ニックネーム : ジンジャー


心も体もポッカポカ! しょうが粥で冷え症知らず

私は冷えに悩んでいたのですが、そういうときは体を温める作用のある食べ物が効果的だと知りました。そこで、体を温める食材として有名なショウガを、あったかいお粥に入れて食べるショウガ粥を選びました。寒い冬にふーふーしながら食べるショウガ粥は最高です。体が温まると血の巡りがよくなって体のあちこちによい効果をもたらすようです。
ショウガ粥は、元気がないとき、食欲がないときでも、ショウガの香りと、味、そしてお粥のやさしい温かさで結構食べる事ができます。小さい子供から大人までおすすめできるのもポイントです。

2016/3/31   ニックネーム :ペロケン


体にも優しいし、体も温まる冬にオススメ!

私は、いつもアレンジして、卵を2個入れて、まろやかにします。また、刻みネギやニラ、水菜や春菊など、いつも様々な葉物を入れて食べています。葉物は食べても、カロリーも低いですし野菜も摂取できるのでオススメです。
しょうがを使っているので何より体が温まる事です。冬の夜に食べるのがたまりません。オススメは夜食です。勉強や仕事で疲れた体にしょうが粥が染み渡ります。

2016/3/31   ニックネーム : くみ


味と香りの良いしょうが粥はとっても美味しいです

しょうが粥は中華風に味付けして食べるのがとっても美味しく食べられるのでオススメです!!
いつものおかゆと違うのは、一番最初にごま油としょうがの千切りを香りが出るまで鍋で温めること。
あとはいつものおかゆと同じ作り方でOKです。
玉子でとじるととても美味しいですよ。
しっかりと食べたい時には鶏肉や魚介などを入れるとダシのうま味がたっぷりと味わえて、さっぱりとしていて香りも良い美味しいしょうが粥が食べられます。
体調を崩した時に食べる白粥や玉子粥は普段の主食には物足りなく感じてしまうかもしれませんが、しょうが粥はしっかりと主食になる料理なのでオススメです。

2016/3/31   ニックネーム : える


体の芯から温まるしょうが粥

我が家では千切りにしたしょうがを入れたお粥に、塩麹で下味をつけた蒸し鶏を添えて食べることが多いです。更にトッピングにネギをたっぷりとかけて食べると美味しいですよ。ごま油を隠し味に加えるのもポイントです。
体の芯から温まって、一日中ぽかぽかしているのが自分でも実感できます。風邪を引きそうかな?という時にしょうが粥を食べるとすぐ治りますし、冷え症も緩和された気がします。

2016/3/31   ニックネーム : こぐこぐ


体がぽかぽかになる

しょうが粥の良さはシンプルなことなのでそれを活かすことが美味しく食べるコツだと思います。よって、なるべくシンプルに、塩と中華だしのみの味付けにして、生姜を千切りにしてたくさん入れることが美味しい食べ方だと思います。
シンプルでさっぱりしているので、どんなときにでも食べやすいですし、体がぽかぽかと温まるのがオススメです。

2016/3/31   ニックネーム :ゆうと


しょうがの中華粥のおいしさに驚き!

ご飯と水とゴマ油と中華スープの素を使って中華粥を作ります。仕上げにしょうがのみじん切りを乗せてしょうがの中華粥の完成です。
もう一手間加えたいときはネギのみじん切りや茹でた鶏肉なんかを乗せても美味しいですよ。
しょうが粥はやっぱり体が温まるので風邪の時におすすめですよね。
それ以外にも二日酔いなどで食欲が無い、という時にもいいですよ。

2016/3/31   ニックネーム : しーぷい


身体が芯から温まる生姜粥

子供の頃から風邪を引いたときに母がよく生姜粥を作ってくれました。
熱が出て食欲がないときでも、不思議とこの生姜粥だけは美味しく食べる子ができました。

作り方はとっても簡単でご飯と一緒にたっぷりの刻んだ生姜を入れてお粥を炊くだけです。
生姜には身体を温める作用があるので、食べた後はいつも身体が芯から温まりました。

今は私も一児の母ですが、子供が風邪を引いたら同じように生姜粥を食べさせています。

生姜の効能で身体が温まって、消化にも良いところです。
風邪だけではなく、胃腸が弱っているときにもお勧めです。

2016/3/31   ニックネーム : みゆ


この記事は、「おかゆ」お役立ち情報として当社の商品購入者とは無関係の第三者の方に募集し書いていただいた記事やアンケートになります。筆者による判断で独自に書いていただいておりますので、効果や情報の正確性などを保証する記事ではありません。また、本サイトを利用したことに関連して生じる損害について、一切責任を負いません。

5235423 おかゆ専門店のHPはこちら>>